監督 三浦大輔

三浦 大輔(みうら だいすけ、1975年 - )は、劇作家、演出家、映画監督、ポツドール主宰者。 北海道苫小牧市出身。室蘭栄高校理数科、早稲田大学卒業。 1996年、早稲田大学演劇倶楽部を母体にして演劇ユニットポツドールを結成。 『騎士クラブ』『身体検査』『メイク・ラブ』『熱帯ビデオ』のセミドキュメント4部作などがある。

映画情報

劇団紹介

1996年12 月、早稲田大学演劇倶楽部10期生の三浦大輔を中心に結成された演劇ユニット。 第1回公演『ブサイク~劣等感を抱きしめて~』から第4回公演『妻ぜめ』までは、いわゆる演劇的な過剰なドラマを得意とした。 2000年7月、第5回公演『騎士クラブ』でそれまでの作風を一変させ、演劇的なものを最大限に排除したドキュメンタリータッチの作品に挑む。〈リアル〉を徹底的に追求したこの作品は〈セミドキュメント〉と称され、メディアに大きく取り上げられるようになった。 第6回公演『身体検査』(01年)では、舞台上で完全ドキュメントを実行。役者が一切、演技をせず、プライベートを背負ったまま舞台に上がるという表現手段は、多くの賞賛と批判とを同時に受けるが、その後も〈リアル〉にこだわった作品づくりに努めた。 第10回公演『男の夢』(02年)からは、その〈セミドキュメント〉で得たものを〈ドラマ〉に注入することで、さまざまなアプローチから「リアリティーのある虚構」を描くようになる。田舎に住む若者たちの愛憎を描いた第11回公演『激情』(04年)が「日本インターネット演劇大賞最優秀演劇公演賞」を受賞、またフジテレビ系列「劇団演技者。」でテレビドラマ化された。同年、東京のみならず大阪初進出となった第12回公演『ANIMAL』(04年)では、「せりふ」を一切排除し「状態」「風景」だけで、作品をつくりあげた。さらに05年4月、THEATER/TOPS進出を遂げた第13回公演『愛の渦』では、「裏風俗」を舞台に人間の性欲に真っ向から向かい合い、この作品で第50回岸田國士戯曲賞を受賞する。 受賞後初の作品として注目を浴びた第14回公演『夢の城』は、周囲の予想を大きく裏切る「無言劇」だった。そして、第16回公演『激情』再演(07年)と第17回公演『顔よ』(08年)は本多劇場で上演した。 一方、劇団本公演とは別に、同世代の演出家たちとの合同企画『ニセS高原から~S高原から連続上演~』(05年、作 平田オリザ)に参加したほか、太宰治作品をモチーフとした三鷹市芸術文化センタープレゼンツ『人間♥失格』(07年、脚本・演出 三浦大輔)を手掛けた。また、劇団旗揚げ時から、役者、スタッフとして参加していた映像監督・脚本家・演出家の溝口真希子が、06年にポツドール〈女シリーズ〉を企画。これまでに『女のみち』(06年)、『女の果て』(07年)を上演した。 初の映像作品「はつこい」(02年)が第25回ぴあフィルムフェスティバルの審査員特別賞を受賞。三浦個人の活動としてはDVD 作品「ソウルトレイン」(06年)や、「ボーイズ・オン・ザ・ラン」(10年)などがある。

受賞歴

  • 2000年、日本インターネット演劇大賞新人公演賞受賞
  • 2003年、『はつこい』で第25回ぴあフィルムフェスティバル審査員特別賞受賞
  • 2004年、『激情』で日本インターネット演劇大賞最優秀演劇公演賞受賞
  • 2006年、『愛の渦』で第50回岸田國士戯曲賞受賞

作・演出

  • 『ブサイク~劣等感を抱きしめて!~』1996年
  • 『ウラミマス~アナタは動物~』1997年、早稲田大学演劇フェスティバル
  • 『しあわせ花~不幸なアナタへ~』1998年
  • 『妻ぜめ~welcome to the [dokata] world~』1999年
  • 『騎士クラブ~涙のピンク映画撮影会~』2000年
  • 『身体検査~恥ずかしいけど、知ってほしい~』2001年
  • 『メイク・ラブ~ラブホテル完全生中継!~』2001年
  • 『熱帯ビデオ~燃えてメイキング!!~』
  • 『男の夢』2002年
  • 『激情』2004年
  • 『ANIMAL』2004年
  • 『愛の渦』2005年
  • 『夢の城』2006年
  • 『恋の渦』2006年
  • 『人間失格』2007年
  • 『裏切りの街』2010年
  • 『おしまいのとき』2011年
  • 『S高原から』2005年、平田オリザ作
  • 『ザ・シェイプ・オブ・シングス~モノノカタチ~』2011年、ニール・ラビュート作
  • 『激情』(『劇団演技者。』2004年、フジテレビ系)
  • 『男の夢』(『劇団演技者。』2006年、フジテレビ系)

戯曲

  • 『愛の渦』白水社、2006年
  • 「人間♥失格」(『せりふの時代』小学館、2007年秋号 掲載)

映画

  • 『はつこい』2003年
  • 『ソウルトレイン』
  • 『ボーイズ・オン・ザ・ラン』
注目!
Copyright (C) 2012 botr.jp All Rights Reserved
≪PR≫