花沢健吾

花沢 健吾(はなざわ けんご、1974年1月5日 - )
日本の漫画家。青森県八戸市出身、東京都在住。

映画情報

経歴

大学受験にすべて失敗し、高校卒業後、家族とともに上京。コンピューター関係の専門学校に進学し、プログラムを学ぶ。印刷会社に就職し、3年間勤務した後、魚戸おさむのアシスタントを経験。 2004年に『ルサンチマン』(『ビッグコミックスピリッツ』)でデビュー。同作にて2006年、第5回(2005年度)センス・オブ・ジェンダー賞話題賞を受賞。 過去に「花澤健吾」と「花沢けんご」の2種類のペンネームで短編を発表している。 『ボーイズ・オン・ザ・ラン』は映画化され、2010年1月公開された。 『ビッグコミックスピリッツ増刊Casual』にて『なで☆シコ』を不定期で連載中。

作風

いわゆる「非モテ」もしくは「ヘタレ」のさえない青年を主人公としている。 花沢は「今の日本って女尊男卑じゃないですか。 女性専用のスパゲッティ屋ができたとか聞くと、最悪にムカつきますね。 男性が優遇されまくっている逆転した世界みたいなものを描いてみたいですね」と述べており、 『なで☆シコ』においては、女性に兵役が課せられる一方で、男性は20歳で年金を受給するなど、 「男性が優遇されまくっている逆転した世界」が徹底的に描かれている。 また、新井英樹をリスペクトしており、同著者の『宮本から君へ』の愛蔵版発売に際しては、 2巻の帯に、「僕にとって聖書みたいなもんである」という内容のコメントを寄せている。

漫画

  • ルサンチマン(2004年 - 2005年、ビッグコミックスピリッツ、小学館)
  • ボーイズ・オン・ザ・ラン(2005年 - 2008年、ビッグコミックスピリッツ、小学館)
  • なで☆シコ(2007年 - 不定期連載中、ビッグコミックスピリッツ増刊Casual、小学館)
  • チンパー(2009年 - 不定期連載中、モーニング、講談社)
  • アイアムアヒーロー(2009年 - 連載中、ビッグコミックスピリッツ、小学館)
注目!
Copyright (C) 2012 botr.jp All Rights Reserved
≪PR≫