松田龍平

松田 龍平(まつだ りゅうへい、1983年5月9日 - )183cm・B型は、日本の俳優。東京都出身。俳優松田優作と女優松田美由紀の長男として芸能一家に生まれる。弟は俳優の松田翔太、伯母は女優の熊谷真実。妻はモデルの太田莉菜。娘が一人いる。趣味はサッカーとTVゲーム、モトクロス。堀越高等学校中退。

映画情報

経歴

6歳で父・松田優作を亡くす。杉並区立井草中学校在学中、『御法度』の主役を捜していた大島渚の目にとまり、出演を直接要請されたことを機に、俳優の道に入る。1999年、映画『御法度』(大島渚監督)でデビュー。同作により日本アカデミー賞、キネマ旬報、毎日映画コンクール、ブルーリボン賞をはじめ、その年度の新人賞を総嘗めにした。2002年、『青い春』(豊田利晃監督)に主演。2004年、『夜叉ヶ池』(三池崇史初演出)で舞台初出演。また映画『恋の門』(大人計画の松尾スズキ映画初監督作品)ではラブコメディに初挑戦。2007年、ドラマ『ハゲタカ』(NHK)で連続ドラマ初出演。2008年には『あしたの、喜多善男〜世界一不運な男の、奇跡の11日間〜』(関西テレビ)で民放の連続ドラマ初出演。2009年1月11日、かねてより交際していた太田莉菜と彼女の誕生日に結婚。同年7月4日に第1子(長女)が誕生。 同級生は、嵐の松本潤・歌舞伎役者の中村七之助である。 99年映画『御法度』(大島 渚監督)で俳優デビュー。 ブルーリボン賞、キネマ旬報ベストテン、毎日映画コンクールスポニチグランプリ、日本アカデミー賞をはじめ、数々の新人賞を総嘗にし、話題となった。 その後いくつかの作品を経て、02年に『青い春』(豊田利晃監督)に主演し、圧倒的存在感ある演技が注目を浴びる。 03年『恋愛寫眞』(堤 幸彦監督)、『ナイン・ソウルズ』(豊田利晃監督)、『八月のかりゆし』(高橋 巖監督)、『昭和歌謡大全集』(篠原哲雄監督)、04年『恋の門』(大人計画の松尾スズキ初監督映画)等、多数の主演作を経て、舞台『夜叉ヶ池』(三池崇史初演出)にも初挑戦。 05年『NANA』(大谷健太郎監督)、『乱歩地獄』(「芋虫」佐藤寿保監督)、06年『46億年の恋』(三池崇史監督/原作:「少年Aえれじぃ」正木亜都[梶原 一騎/真樹 日佐夫]著)など、話題作への出演を続け、2007年は『悪夢探偵』(塚本晋也監督)『長州ファイブ』(五十嵐匠監督)、『世界はときどき美しい』(御法川修監督)、『プルコギ』(グスーヨン監督)と、主演作品が続く中、初の連続ドラマとなる『ハゲタカ』(NHK)にも出演。その後、『アヒルと鴨のコインロッカー』(中村義洋監督)、『恋するマドリ』(大九明子監督)、『伝染歌』(原田眞人監督)と公開が続いた。 08年は初の民放連続ドラマとなる「あしたの、喜多善男~世界一不運な男の、奇跡の11日間~」(CX)、『悪夢探偵2』(塚本晋也監督)に出演。 09年は『誰も守ってくれない』(君塚良一監督)、舞台「メカロックオペラ R2C2」(宮藤官九郎作・演出)、『劔岳 点の記』(木村大作監督)、『蟹工船』(SABU監督)、NHK大河ドラマ「天地人」に出演、10年には『ボーイズ・オン・ザ・ラン』(三浦大輔監督)が公開。  11年は、ドラマ初主演となる「同期」(WOWOW)、映画『まほろ駅前多田便利件』(大森立嗣監督)、『探偵はBARにいる』(橋本一監督)、12年は、映画『I'M FLASH!』(豊田利晃監督)が公開。  今後の待機作に、映画『北のカナリアたち』(阪本順治監督/11月3日全国東映系にて公開予定)、 ドラマ「まほろ駅前番外地」(テレビ東京/13年、放送開始日未定)、映画『舟を編む』(石井裕也監督/13年4月13日公開予定)がある。

受賞歴

  • 第42回  ブルーリボン賞(新人賞)
  • 2000年度 キネマ旬報ベストテン(新人男優賞)
  • 第55回  毎日映画コンクールスポニチグランプリ(新人賞)
  • 第23回  日本アカデミー賞(新人俳優賞)
  • 第22回  ヨコハマ映画祭(最優秀新人賞)
  • 第37回  ゴールデンアロー賞(映画新人賞)
  • 第 9回  日本映画批評家大賞(新人賞)
  • 第22回  高崎映画祭(最優秀助演男優賞)
  • 2010年  エランドール賞(新人賞)
注目!
Copyright (C) 2012 botr.jp All Rights Reserved
≪PR≫